categoryスポンサー広告

スポンサーサイト

trackback--  comment--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category+言葉紡ぎ+

Celluloid

trackback0  comment0
穏やかな日常が続くと思っていた
窓の外 写る影 漆黒のナイトメア

雨が降る 重たい雨が
揺れる視界 走りだした旋律

私を抱えるあなたの小さな手
震えていたの知ってるよ
降り止まない雨 崩れていく景色
遠くで警鐘 鳴り響く

穏やかな日常が続く事は無かった
人の波 迫る影 幻聴のレクイエム

火が灯る 冷たい火が
街を飾る 隙間もない位に

雨はいつの間にか黒い雪に変わり
あなたの頬を汚してく
悲しみの残骸 宙を浮く体
絡まる無数の赤い指

溶けていく私の顔 体 手足
もう元には戻れないよ
あなたのお人形で居れてよかった
零れる涙はセルロイド

...Open more

スポンサーサイト
category+言葉紡ぎ+

乾いた風の向こうに

trackback0  comment0
澄んだ空気が心地よくて
お気に入りのベランダでティータイム

人工的な光が灯る
煌く街 消える月明かり

眠ることなんて無いのかな
きっと終りが来ることを知らずにいる

そう。
神様なんていないの知ってる
祈ることもしないって決めた
通り過ぎる 乾いた風の向こうには
忙しい街と混ざる機械音

特別なことなんてないよ
ありふれた時が幸せに思う

欲しがってばかりの時もあった気がする
もう忘れたけど

堕ちてく星屑に託す夢
きっと流れる理由なんて知らずにいる

ねぇ。
奇跡って本当にあると思う?
出会えたことがそうだと思うの
指先で星空をなぞりながら
嬉しそうな君が笑った

神様なんていないの知ってる
祈ることもしないって決めた
通り過ぎる 乾いた風の向こうには
人工的な光が灯る

...Open more

category+言葉紡ぎ+

In the Light

trackback0  comment0
二人でみつけた小さい秘密基地
一人ぼっちで寝転がる
思い出がいっぱいでポロポロ
溢れてきて
飲み込まれて溺れそうになる

逆さま映る空 落ちてく羊雲
手を伸ばしてもきっと 溶ける太陽 届かないよ

柔らかい陽射しが 胸に刺さっていく
そんな日曜の午後

寂しさに押し潰されそうになったら
君の笑顔を思い出すよ

太陽みたいに キラキラ眩しい
君の笑顔を思い出すよ

温もり感じなくなった冷たい床
一人ぼっちで暖める
時の流れは早くて追い付けない
いつもおいてけぼりにされるの...

瞼通りすぎる 焼けるように熱い
焦がしてく心 溶ける太陽 触りたいよ

消えてしまいそうで 少し怖く感じる
側にずっといれたらなぁ...

会えなくて不安で泣きそうになったら
君の笑顔を思い出すよ
左薬指にキラキラ輝いた
君がくれたハートのリング

真っ黒い夜に凍えそうになったら
君の笑顔を思い出すよ
太陽みたいに暖かい光で
見守ってくれる 大好きな人


...Open more

New «‡Top‡» Old
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。